So-net無料ブログ作成
検索選択
貸金業界の取り組み ブログトップ

キャッシングと利息 [貸金業界の取り組み]

消費者金融銀行といった金融機関でお金を借りる、キャッシングすると、必ず利息がかかることになっています。 それが金融機関の手数料や利益となるからです。

利息は、一般的には率、すなわち、パーセントで表現されており、キャッシングをした金額に対してかかるため、借りる金額が大きくなればなるほど、利息分も増えていきます。

また、利息の率は金融機関によって異なっています。

事業規模や必要な経費、利益などが金融機関で違うからで、企業としての活動だということを考えれば、当然だといえます→しかし、中には、利息がかからないキャッシングというものもあります

消費者金融のイメージの変化 [貸金業界の取り組み]

高感度の高いタレントをCMに起用したりした結果、消費者金融は、従来の怖いというイメージから明るいイメージへ、見事に脱却しました。

しかし、明るいイメージになったといっても、消費者金融には変わりありません。クオークローンのように、法外ともいえるほどの高金利で貸付を行っている所も、依然として残っているのです。

とはいっても、昔に比べるとサラ金というイメージしは影をひそめ、身近に感じるように変貌したのも事実です。
その効果もありますが、気軽に借りられるということから、複数の消費者金融を利用してしまう人も増加し、そのために徐々に低金利では審査が通らなくなり、ついには高金利で審査も甘い、クオークローンのような消費者金融を利用するようになってしまうという、悪循環に陥ってしまう人も次第に増えてきました。

こうなると、借金を繰り返していく傾向が出て来るため、借金を完済する事が出来ずに雪だるま形式で増えていくと言う事も多々ある様になってきます。


共通テーマ:マネー

消費者金融のイメージの転換 [貸金業界の取り組み]

以前は消費者金融というと、多くの人はサラ金というイメージを持っていました。
高い金利をつけてお金を貸して、払えなくなったら強引な取り立てをする、そして借金地獄に陥って行くというような怖いイメージでした。

しかし現在では、そのイメージを変えるために、各消費者金融会社は様々な努力をしてきています。
その良い例がCMです。
高感度が高い女性タレント女優などをCMに起用し、出演してもらうことで、サラ金というイメージの払しょくを図った結果、以前の怖い、怪しいといったイメージから、明るいイメージになりました。

また、借り入れをする際も、消費者金融の店舗に出向いて手続きを行うのではなく、無人契約機を全国各地に導入することによって、誰にも顔を合わせずに借りられるようにシステムを変更し、手軽さを売りにしたイメージも押し出しました。

これによって、以前の暗くて怖いというイメージはすっかりなくなり、誰でも簡単に気軽に借りることができる明るいイメージになりました。


高額のローンでも、金利を下げる方法があります → 住宅ローンの借り換え方法
貸金業界の取り組み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。